プレシオ国際特許事務所

プレシオの業務の特徴

HOME > 事務所概要 >プレシオ国際特許事務所の業務の特徴

競合他社の参入をしっかり阻止できる特許。
競合他社がどうしても使わざるを得ない特許。
競合他社から権利行使されたときに対抗できる特許。

こうした特許はどの企業も欲していますが簡単に取得できるものではありません。開発者からヒアリングした内容をそのまま明細書にするという方法では、なかなか本当に良い特許出願に結びつけることはできません。事業に寄与する“使える特許”を取得するためには、技術の内容を多角的に見る、その技術が適用される製品やサービスを想定する、他社の迂回方法を予測する、代替技術を考える・・・といった様々な観点からの権利化検討が必要となります。出願しようとする技術の内容だけでなく、その技術の代替技術や、その技術が適用された製品、事業、サービスを強くイメージしつつ上記権利化検討を行うことが重要となります。
こうした権利化検討を行うことによって、ほんとうの意味で“使える特許”を生成することができます。

プレシオの業務特徴をいくつかの項目で紹介しますので、ぜひご覧ください。

事務所概要

プレシオの業務の特徴

実務